脱毛期間中の交通事故

脱毛期間中に交通事故にあってしまったらどうする?

脱毛期間中に交通事故にあってしまったらどうする?

脱毛期間中に何事もないのが一番ですが、避けられない事故と言うのは起こり得ます。

そこで今回は、脱毛期間中に交通事故にあった場合、どうするべきかについていくつか注意することを挙げてみました。

注意点1:ケガしたところが脱毛部位かどうかチェック

脱毛期間中に交通事故に遭ってしまった場合、まずはケガしたところが脱毛施術を受けている部位かをチェックしましょう。

交通事故のケガは見た目はあまりひどくなくても長引くことが多いです。

ケガの仕方にもよりますが、例えば原付きに乗っていて車と軽く接触事故を起こした場合、道に転げたはずみで脚脱毛をしている脚をケガしたとしますね。

この場合、見た目には擦り傷しかなくても、実は地面と擦れた際に打撲していたり、骨に少しヒビが入ったりしている場合があります。

その時は大丈夫と思っていても、数日してから青くなったり、痛くなったりする場合があります。

このようなことがあってはいけませんから、交通事故に遭った場合は、脱毛している部分のどこを打撲したりケガをしたか、どこかに書いておくなどしてチェックしましょう。

注意点2:交通事故対処期間中はストレスが多い

交通事故に遭うとどちらが悪くなっても対処期間中はストレスに感じることも多いでしょう。

このストレスが眠れないなどの症状となって現れると、体内のホルモンバランスも崩れており、毛周期にも影響している可能性が否めません。

ですから、交通事故の一件が終わるまでは、どうしてもという理由がない限りは脱毛予約を入れないようにし、ストレスはなるべくうまく発散するよう心がけましょう。

注意点3:脱毛予約日が近い場合は連絡する

最後に交通事故に遭った日から、ケガした部分が完治するまでの間に脱毛の予約を取ってしまっている場合は、影響が出る可能性があります。

即座にサロンへ連絡しましょう。

ケガが完治しなければ、当然ですがケガしている部分に施術はできませんから、脱毛が受けられない部位が出てくることになります。

そうなると勿体ないので、サロンへ連絡し、ケガのことを話した上で、どうすべきか指示を仰ぎましょう。

日数があればよいですが、直前の場合はキャンセルポリシーが発生する場合もあります。

予約をキャンセルした場合のキャンセルポリシーや、脱毛に対する影響なども細かく聞いておくべきことがありますから、電話や来店で問い合わせるとよいでしょう。

これらの注意点がありますので、脱毛期間中に交通事故を起こした場合や、交通事故に遭ってしまった場合は適切な対処・対策を行いましょう。

※最終更新