夏場 脱毛部位 日焼け止めオフ

夏場は脱毛部位の日焼け止めオフもきちんとする!

夏場は脱毛部位の日焼け止めオフもきちんとする!

夏場に最高温度が出ることもある高知では、紫外線も強いので日焼け止めが欠かせませんよね。

そんな高知で脱毛期間中の人は、日焼け止めをオフすることにも注意が必要です。

そこで今回は日焼け止めをどのようにしてオフするべきかについてご紹介しましょう。

方法1:顔・デコルテ・背中上あたりはクレンジングオイルで

夏場は日焼け止めをしっかり落とすため、顔やデコルテ、肩や背中の上あたりまでは、顔用のクレンジングオイルなどでしっかりオフしましょう。

顔用のクレンジングオイルは、デリケートな薄い肌にも優しい上、化粧などの強い汚れをしっかりオフしてくれます。

背中や肩は皮脂分泌も活発な上、肌も比較的薄めですし、襟足や首筋なども肌が柔らかめです。

顔用のクレンジングオイルでマッサージしながら丁寧に日焼け止めを落とすのがおすすめです。

クリームタイプなどもありますが、できればしっかり目に汚れを落とすオイルタイプがおすすめです。

ただし、オイルタイプは長時間肌に着けておくと皮脂を取りすぎますから、ささっと短時間で汚れを落としましょうね。

これで背中上あたりから上は、しっかり日焼け止めを落とせます。

方法2:体は油をしっかり落としてくれる石鹸タイプがベスト

次に、体の日焼け止め対策ですが、油汚れなどをしっかり落としてくれる石鹸タイプをしっかり泡立てて使用するのがおすすめです。

固形石鹸をしっかり泡立て、泡で洗うようにすると、肌に優しく、汚れだけをしっかり落とせます。

日焼け止めクリームはオイル系が多く含まれますから皮脂汚れなどを落とすのに優れたタイプがおすすめです。

体をごしごし洗うと、肌を傷つけてしまいますし、こびりついた日焼け止めクリームはこすって落ちるものではありません。

汚れを浮かして落としてくれる、泡立ちの良い石鹸で、しっかり日焼け止めを落としましょう。

方法3:保湿ケアで自浄作用を促進

入浴後はしっかりと保湿をし、肌コンディションを良くして自浄作用を高めましょう。

肌には本来、肌に付着した異物を汗や皮脂で落とす自浄機能があります。

その力は兄弟で、数日もすれば普通に日常生活を送っていても、油性マジックが綺麗に洗い流されるくらいです。

しかし、この自浄作用も、健康な肌では正常に働きますが、健康でない肌は正常に働きません。

肌のコンディションを保湿ケアで保ちましょう。

これらの方法を実践して顔や体に付けた日焼け止めはきっちり落とし、肌に負担をかけないようにしましょうね。

※最終更新