脱毛当日に化粧水

脱毛当日に化粧水をつけても大丈夫?正しい保湿の仕方

脱毛期間中に生理が止まったら脱毛休止すべき?

瑞々しいお肌を保つには、常日頃から保湿に気を配ることが大切です。

でも気になるのは脱毛当日です。

脱毛直後はなんとなく肌に何か付けてはいけないイメージがあるのですが、化粧水は塗っても大丈夫なのでしょうか。

保湿は積極的に行おう

脱毛当日でも施術直後でも、肌の保湿は大切です。

どんどん保湿していきましょう。

脱毛施術の光は熱を発生させるので、施術直後は乾燥しやすい状態になっています。

そのため脱毛サロンでもアフターケアで保湿をしてくれます。

簡単にササッと化粧水を馴染ませるだけのサロンもありますが、中には美容成分がたっぷり入った独自の化粧水で保湿してくれるところもあります。

サロンで贅沢なケアをしてもらったからと安心するのではなく、自宅に帰ってからも保湿はしたほうがいいでしょう。

肌の冷却も兼ねているので、寝る前や洗顔後などに化粧水を馴染ませましょう。

当日は刺激物を避けて

脱毛当日でもどんどん肌は保湿した方がいいのですが、闇雲に化粧水を塗ればいいというものではありません。

スキンケアに使用する化粧水は肌にあったものが一番なので、基本的にはいつも利用しているもので大丈夫です。

しかし刺激の強い成分が入っているものは避けた方がいいでしょう。

例えば収斂作用のあるアルコール入りタイプ、爽快感のあるメントールタイプなどです。

美白成分も肌への刺激が強いものがあるので、避けた方がいいでしょう。

肌に塗ってピリッとした刺激があるものは使わない方が無難です。

もし普段愛用している化粧水が刺激のあるタイプなら、脱毛直後のためにマイルドなタイプを用意しておくといいでしょう。

豆乳ローションはOK?

スキンケアに敏感な人なら、豆乳ローションについて知っていることでしょう。

豆乳ローションとは、大豆由来のイソフラボンを配合した化粧水です。

イソフラボンには抑毛効果があるということが注目され、ムダ毛が気になる人用に化粧水に配合しているのです。

脱毛後に抑毛効果のある化粧水を肌に塗ることはとてもいいことです。

ただしそれも化粧水に刺激物が入っていないことが大事です。

施術直後は肌が軽く日焼けをした状態になっており、普段よりも刺激に弱くなっています。

そんなときにはまず肌を冷やし、刺激を与えないようにすることが大事です。

もし豆乳ローションを塗って肌がひりひりするなら止めましょう。

できれば施術後2日経って肌が落ち着いてから豆乳ローションを塗るのがいいですね。

※最終更新