夏場 脱毛部位 制汗スプレー

夏場の脱毛部位への制汗スプレー使い過ぎに注意!

夏場の脱毛部位への制汗スプレー使い過ぎに注意!

高知で脱毛に通っている女性は、夏場の制汗スプレーの使いすぎに注意が必要です。

その理由をご紹介しましょう。

理由1:肌環境悪化の原因に!

夏場の制汗スプレーの多用は、肌環境を悪化させる原因になります。

制汗スプレーには肌への刺激が強い物質がたくさん含まれています。

その上、発汗を一時的にでも抑えることによって、肌に付着した肌に悪い物質がなかなか取れませんよね。

それに対して肌は強いストレスを抱えます。

確かに制汗スプレーは、肌をさらさらにしてくれますし、爽快感も味わえて、気持ちがいいですよね。

しかし、制汗スプレーによって汗による自浄作用が抑え込まれ、肌に刺激の強い物質が付着し続けると、肌環境が悪化します。

コンディションが悪くなると、脱毛効果を下げる原因にもなりますし、何より施術後の肌トラブルのリスクが高まります。

使いすぎに注意し、多用しないように心がけましょう。

理由2:化学物質過敏症で脱毛できなくなる恐れも

次に、化学物質がたくさん含まれた制汗スプレーを多用することで、夏場のデリケートな肌が化学物質過敏症を引きおこす可能性があります。

化学物質に肌が過敏に反応し、肌が荒れたり赤くなったりする症状を起こす化学物質過敏症は、強い化学物質に肌がさらされ続けることで発症リスクが高まります。

特に夏場は、制汗スプレーだけでなく、日焼け止めクリームからも強い刺激を受けていて、肌が非常にデリケートです。

その上、汗をかいている肌は汗からも刺激を受けるので、肌質もデリケートになります。

そこへ、化学物質がたっぷりの制汗スプレーを多用すると、肌が長時間ストレスにさらされ、過敏症を引きおこしてしまうのです。

こうなると、赤みは腫れ、肌荒れなどが収まるまでは当然脱毛に通えなくなりますし、過敏症の程度によっては途中で脱毛を断念せざるをえません。

化学物質過敏症を引きおこさないためにも、制汗スプレーをお休みする日を作ったりして、過敏症を引きおこさないようにしましょう。

理由3:肌への刺激が強く脱毛リスクが高まる

最後に、制汗スプレーには、様々な化学物質に加え、香料など肌に刺激が強い物質が含まれています。

これを普段からずっと使用し続け、肌に負担をかけていると、コンディションが悪くなり、施術後のトラブルリスクも高まります。

多様には十分注意し、たまには脱毛部位の肌にしっかり汗をかかせることも重要です。

これらの理由から、脱毛期間中には制汗スプレーの使いすぎに注意しなければなりません。

脱毛成功のためにも、十分に注意して夏の汗対策を行いましょうね。

※最終更新