日焼け対策にまつわる気になる知識5選!

高知は南国土佐という名がある通り、日差しの強い国と知られています。

そのため脱毛をする上では正しい日焼け対策の知識が欠かせません。

今回は脱毛に効果的な日焼けに関する知識を5つご紹介していきます!

1.紫外線の多い時期は?

日焼けの原因は紫外線によるものがほとんどです。

そのため紫外線の多い時期を把握しておくことは、自然と日焼け対策に繋がり効果的です!

日本では5~7月にかけてが、紫外線が毎年多くなる傾向にあります。

また梅雨時期はくもり空の日が続いても、紫外線は少なからず降り注いでいる実態があります。

よってこの時期は無理な外出は避け、それなりの日焼け対策をする事が大切となります。

2.運動会シーズンも要注意!

意外にも日焼けをしてしまうのが運動会シーズンである9月や10月です。

暑い夏が終わって日焼け対策にスキができるのがこの時期なわけですが、まだまだ日中の紫外線量は多いのがこの時期の特徴です。

大人はもちろん子どもも日焼けをしやすい時期なので、日焼け止めクリームなどで対策を図りましょう。

3.日焼けしやすい時間帯は?

紫外線が最も多くなる時間帯は昼過ぎと言われています。

具体的には太陽が南中する1時~2時が紫外線が多くなるとされています。

この時間帯は日中の中で一番気温が高くなるため、この間に外出する必要のある人は十分に紫外線対策をしておきましょう。

ちなみに朝日や夕日も少なからず紫外線の影響を受けるため、朝晩に散歩をしている人は、日の上る前や日が沈んだ時間帯を選ぶなどして工夫もしてみましょう。

4.屋外の意外な日焼け場所!

紫外線は夏だけが気を付けたい季節ではありません。

何と冬場でも紫外線は絶えず降り注がれているため、場所によっては日焼け対策が必要となります。

中でも意外な日焼け場所がスキー場。

あの雪の白さが光を反射しやすく、結果として照り返しで日焼けをしてしまうわけですね。

そのためスキーといった冬のレジャーを楽しむ際は、雪による光の照り返しに十分気を付けておきましょう!

5.今時らしい日焼けの原因!

今や多くの人が持っているであろうスマホ。

持ち運びも便利で無くてはならない必需品ですが、実はスマホによる光の照り返しで日焼けをしてしまう事もあるわけです。

特に夏場はただでさえ光が強い季節です。

屋外でのスマホ利用は短時間であっても十分に日焼けに値するため、涼しい場所で利用するなど肌への配慮を忘れないでおきましょう!

以上の5つの知識を参考に、快適な脱毛ができるよう正しい日焼け対策を身に付けましょう!

※最終更新